×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



親子リレー返済

親子リレー返済とはどのような返済方法ですか?

住宅ローンを組む際、例えば退職金を自己資金にして二世帯住宅を建てるというような場合には、ある程度高齢になってから住宅ローンを利用することが考えられますが、住宅ローンの利用には年齢制限があります。

そのような場合に、親のローンを子供に引き継ぐことができる制度が親子リレー返済です。

この親子リレー返済のシステムは、融資を受ける住宅に同居する(又は同居予定)申込本人の子供を契約の連帯債務者とし、申込本人に万が一のことがあった場合には、連帯債務者の子供が返済を継続していくというものです。

住宅ローンの年齢制限とは?

住宅ローンの利用には年齢制限があります。

例えば、フラット35(買取型)の場合ですと、原則として申込日現在で70歳未満となっています。

また、完済時の年齢の上限が80歳ですから、申込日現在の年齢が45歳を過ぎると返済期間が制限されてしまい、その結果毎月の返済額が大きくなってしまいます。

ちなみに、若い世代の場合は年収が多く見込めませんので、年収基準から二世帯住宅を建てるための大型ローンを組むことは難しいと思われます。

親子リレー返済のメリットはどのようなところですか?

親子リレー返済のメリットは次のようなものです。

■親子リレー返済を利用すると、70歳以上の人でも申込むことができます。
■申込者の年齢にかかわらず、後継者の年齢から計算した最長の返済期間を選択することができます。
■一定の条件で契約する親子の収入を合算することができます。

フラット35の親子リレー返済の後継者の条件はどのようなものですか?

フラット35の親子リレー返済の後継者の条件は次のようなものです。

■連帯債務者になることができる人
■収入があって70歳以上の人
■申込本人の子または配偶者
※申込本人に子供がいない場合には、配偶者以外の親族でもよいことになっています。

■申込本人と同居する人
※同居予定の人でも構いません。


壁芯計算・内法計算とは?
低金利時代は固定金利型?
元利均等返済と元金均等返済は?
親子リレー返済とは?
安心できる住宅ローン返済額は?
固定金利型と変動金利型のポイントは?
返済期間の設定ポイントは?
ボーナス返済はいくらくらい?
親子ペアローン・親子リレーローンとは?
無理のない資金計画とは?
解除
調停と自己破産
借用書では壱弐参
小規模個人再生
私道負担
収益還元法
住宅金融公庫
ローン条件の変更と手続き
準都市計画区域
地盤沈下
借地権の存続期間
住宅品質確保法
準耐火構造・準耐火建築物
使用貸借

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved