×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



安心できる住宅ローン返済額は?

安心できるローン返済額というのは年間でいくらくらいですか?

マイホームの購入の際に、住宅ローンを組もうと考える人の一番気になることが毎月の住宅ローン返済額だと思います。

住宅ローンは長期間に渡って返済を続けなければなりませんから、自分の経済状況に見合った返済額を設定することがとても重要になってきます。

自分の経済状況などから住宅ローンの返済に回せる金額を知るポイントとしては次のようなものがあります。

1.住宅取得後の住居費の上限額を算出します。
2.マンションの場合の管理費などローン返済額以外の住居コストを想定します。
3.1から2を控除した差額が住宅ローンの返済額の上限になります。

収入面と支出面からの収支予測について

住宅ローンを組む際には、無理のない返済を前提に資金計画を立てる必要があります。

現状でいくら返済できるのかということももちろん重要なのですが、本当の意味で無理のない資金計画を立てるには、返済が終わる数十年先までの収入がどうなっているのか、住宅ローン以外に支出が大きくなる時期はいつ頃かといった、次のような将来の収入予測が必要です。

収入面の把握
・住宅ローンを開始して何年後に定年を迎えるのか。
・退職金はいくらぐらいか。

支出面の把握
・子供の教育費の増加はどの程度の金額か。
・子供の教育費の増加はどのくらいの期間続くのか。


壁芯計算・内法計算とは?
低金利時代は固定金利型?
元利均等返済と元金均等返済は?
親子リレー返済とは?
安心できる住宅ローン返済額は?
固定金利型と変動金利型のポイントは?
返済期間の設定ポイントは?
ボーナス返済はいくらくらい?
親子ペアローン・親子リレーローンとは?
無理のない資金計画とは?
IR
給料の全額差押え
契約書は2通作成
非免責債権
司法書士
従前地
住宅宅地債券
返済に困った時の新特例
準不燃材料
地面師・家屋師
借地借家法
住宅品質確保法の住宅性能評価
準難燃材料
消費者契約法

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved