×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



住宅ローンの資金計画ナビ

住宅ローンの資金計画ナビは、住宅ローンを利用してマイホームを取得する人の資金計画に関する情報提供を行っているサイトです。住宅ローンの資金計画についてQ&A形式でどなたにでもわかりやすく解説しています。

※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。
スポンサードリンク
住宅ローンの資金計画T
リフォームローンとは?
親子リレーローンとは?
セカンドハウスローンとは?
リフォームをする場合は?
派遣社員や独身女性でも住宅ローンは組める?
親子リレーローンのメリットは?
親子ペアローンとは?
居住用のワンルームマンションの場合は?
住宅ローンは複数の金融機関で組める?
住宅ローンは競売物件にも利用できる?

ケガや病気で働けなくなったら?
保証料とは?
リフォームでローンを利用する方法は?
マイホームの買換え等の特例の手続きは?
買換えで損が出たときは?
証券化ローンの金融機関側のメリットは?
保証料の金額は?
戻り保証料とは?
担保割れ物件の買換えは?
マイホームの売却で損が出たときの特例は?

住民票の移転が間に合わない場合は?
独身者・既婚者のマンション選択方法は?
マンションの修繕積立金の注意点は?
マンション購入時の注意点は?
マンションの構造の特徴は?
重畳的債務引受とは?
マンションを選択するときのポイントは?
マンション購入の失敗例は?
マンションの管理形態とは?
中古マンションの滞納管理費の支払いは?

中古マンションのチェックポイントは?
不動産広告のチェックポイントは?
中古物件の探し方は?
定期借地権付住宅の注意点は?
不動産契約のチェックポイントは?
不動産広告の大まかな見方は?
不動産広告の物件概要の見方は?
広告の格安物件とは?
農地にマイホームを建てるには?
親の土地に新築できる?
住宅ローンの基礎知識
市街化調整区域の土地購入は?
売買契約書の瑕疵担保責任とは?
重要事項説明書の備考欄は?
資金決済と物件の引渡しの流れは?
引越しの注意点は?
売買契約書の「契約の解除」とは?
重要事項説明書の登記簿謄本の確認は?
修繕積立金と管理費の確認は?
競売物件のメリットとリスクは?
中古物件の注意点は?

壁芯計算・内法計算とは?
低金利時代は固定金利型?
元利均等返済と元金均等返済は?
親子リレー返済とは?
安心できる住宅ローン返済額は?
固定金利型と変動金利型のポイントは?
返済期間の設定ポイントは?
ボーナス返済はいくらくらい?
親子ペアローン・親子リレーローンとは?
無理のない資金計画とは?
不動産用語の基礎知識
責任財産限定特約とは?
善意・悪意とは?
総合保養地域整備法とは?
ソーホー(SOHO)とは?
測量士とは?
セットバックとは?
総合課税と分離課税とは?
総代会とは?
ソーラーシステムとは?
素地とは?

データベースとは?
TES(テス)とは?
手付の額の制限等とは?
デットとエクイティのメリット・デメリットは?
不動産パンフレットのデメリット表示は?
滌除(てきじょ)とは?
鉄筋の露出とは?
デットとエクイティとは?
デメリット表示とは?
デューデリジェンスとは?

日本不動産学会とは?
任意後見契約とは?
根抵当権の元本の確定は?
農業委員会の組織は?
農地転用許可基準とは?
任意後見契約制度とは?
根抵当とは?
農業委員会とは?
農地とは?
農地転用許可基準の「立地の基準」「一般基準」とは?

変動金利型住宅ローンとは?
妨害排除請求権とは?
包括遺贈とは?
報酬の額の掲示とは?
法人税の課税所得額の計算は?
変動金利型住宅ローンの金利の見直し時期は?
妨害排除請求権が認められるのは?
報酬の額の制限とは?
法人税とは?
ポートフォリオとは?
住宅ローン便利サイト
住宅ローン控除ガイドT
住宅ローン控除ガイドU
マイホームの税金ガイド
財形住宅融資ガイド
住宅ローンの税金ガイド
マイホームの保険ガイド
フラット35・住宅ローン入門
フラット35得する情報館
住宅ローンの資金計画ガイド
マイホームの税金入門

住宅ローンの資金計画入門
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの資金計画早分かり
住宅ローンの金利比較ガイドその1
住宅ローンの金利比較ガイドその2
フラット35金利比較ガイド
住宅ローンの見直しガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
借入・ローン便利サイト
ローンの法律
クレジットの法律
金融・ローン法律
クレジットカード・ローン法律
新着トピックス
リフォームをする場合にもローンは組めるのでしょうか?
マイホームを取得する場合だけでなく、リフォームにも公的ローンや民間ローンが利用できるようになっています。リフォームの場合、内装や外装など目的も様々ですが、商品によっては目的、資金用途、金額の制限などが金融機関によって異なりますので...ちなみに、リフォームというのは、同じ種類の工事であっても、現在の住宅の状態によってかかる費用も異なりますから...

リフォームローンの目的の制限とは?
リフォームローンの選択にあたり重要になるのが次のような目的ですが、金融機関によっては目的による制限がありますので、事前に確認するように...ちなみに、資金の用途については、住宅設備機器(トイレ・システムキッチン・浴槽)の購入や、リフォームに伴うインテリア家具の購入まで...

リフォームローンの金額はどうなっていますか?
商品によって金額は異なりますが、公庫や財形住宅融資では借入可能金額は収入や用途等によって決定され...また、一般的に民間金融機関では500〜1,000万円以内となっています。

リフォームローンの期間についてはどうなっていますか?
リフォームローンの期間については、公庫や財形住宅融資では期間は20年以内で、民間金融機関では10〜15年以内...

銀行のリフォームローンはどのようなものですか?
銀行のリフォームローンには、次の有担保型と無担保型があります。利用の際には事前に試算してみることをおすすめします。

●有担保型
有担保型は自宅を担保にするので金利は低いのですが、抵当権の設定や保証料などの費用がかかるだけでなく、審査に手間もかかります...

●無担保型
無担保型は多少金利は高いのですが、自宅のローン残高が多いケースでも利用できたり、資金の交付も早く資金の用途も広いなど手軽に利用できるメリット...
免責
住宅ローンの資金計画ナビで提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved