×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



根抵当とは?

根抵当とは?

根抵当というのは、一定の範囲に属する不特定の債権を、極度額の限度で担保する抵当権のことをいいます。

この根抵当は、銀行やメーカー等が、取引先と継続的な取引をする場合に契約で設定されます。

根抵当のメリットは?

普通の抵当権ですと、債務が消滅すると抵当権も消滅してしまいますが、根抵当権ですと、その場合でもなお効力を有しますので、貸付け、手形割引、商品売買などの取引において、その金額が増減する場合に便利です。

関連トピック
根抵当権の元本の確定は?

根抵当権の元本は、次のものによって確定します。

■担保すべき債権の範囲の変更
■取引の終了等
■競売手続の開始
■破産等

よって、それまでは、次の行為もできます。

■被担保債権の範囲や債務者の変更
■根抵当権だけの譲渡


日本不動産学会とは?
任意後見契約とは?
根抵当権の元本の確定は?
農業委員会の組織は?
農地転用許可基準とは?
任意後見契約制度とは?
根抵当とは?
農業委員会とは?
農地とは?
農地転用許可基準の「立地の基準」「一般基準」とは?
ノンリコースローン
売買一方の予約
販売受託
標準媒介契約約款
袋地・準袋地の通行権
媒介契約・宅建業者
梁(はり)
ビークル
費用償還請求権
利用を目的とする用益物権
住宅金融専門会社(住専)
使用貸借契約
小規模個人再生
クレジットカード

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved