×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



手付の額の制限等とは?

手付の額の制限等とは?

手付の額の制限等というのは、宅建業者は、自ら売主となる宅地や建物の売買契約の締結に際して、代金の額の2割を超える手付を受領してはならないという規定のことです。

ちなみに、手付を受領したときは、その手付が次のようないかなる性質のものであっても、解約手付としての効力を有します。

■証約手付
■解約手付
■違約手付...など

また、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄して、売主業者はその倍額を償還して、契約を解除できます。

なお、この規定に反する特約で、買主に不利なものは無効となります。

関連トピック
デットとエクイティとは?

デットとエクイティというのは、資金調達方法の区分のことです。

デットとは?

デットとというのは、借入金・社債等によって調達された返済義務のある資金調達のことです。

エクイティとは?

エクイティというのは、株式等によって調達された返済義務のない資金のことです。

デットとエクイティのスキームとは?

不動産証券化に関して、1つのスキーム(仕組み)で、デットとエクイティの両方による資金調達が行われた場合には、不動産収益はデットの投資家に優先的に配当されます。

そして、残余の部分がエクイティの投資家に配当されます。


データベースとは?
TES(テス)とは?
手付の額の制限等とは?
デットとエクイティのメリット・デメリットは?
不動産パンフレットのデメリット表示は?
滌除(てきじょ)とは?
鉄筋の露出とは?
デットとエクイティとは?
デメリット表示とは?
デューデリジェンスとは?
テリトリー制
登記の公信力
道路法
特定社債
土地区画整理法
点蝕(てんしょく)
投資法人制度
不動産登記の登録免許税の課税標準
投信法による特定資産
特別縁故者
賭博資金の借金
借金で離婚
債権譲渡
クーリング・オフ

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved