×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



デューデリジェンスとは?

デューデリジェンスとは?

デューデリジェンスというのは、次のようなことを、不動産鑑定士、建築士、弁護士、会計士、コンサルタント等に委託して行う、物件に関する詳細調査のことをいいます。

■土地建物の状況
■環境
■法的権利関係
■マーケット
■賃遅滞経営実態...など

不動産証券化におけるデューデリジェンスとは?

不動産の証券化の際には、デューデリジェンスは、投資採算性、投資価値等の判断を行うために活用されます。

関連トピック
データベースとは?

データベースというのは、収集した大量の情報や資料を分類・整理して蓄積し、効率よく管理して様々な目的に利用しやすいように工夫したもののことをいいます。

一般的なデータベースは?

データベースは、企業においては、顧客情報や販売情報の蓄積、およびそれらの情報に基づく経営資料の加工のために作られるものが多いです。

また、一般に利用できるデータベースとしては、インターネットを利用して検索する新聞や雑誌の記事検索、企業情報の検索などの商用データベースがあります。

ちなみに、不動産流通機構が蓄積・公開している登録物件の情報も、データベースの活用の1つです。


データベースとは?
TES(テス)とは?
手付の額の制限等とは?
デットとエクイティのメリット・デメリットは?
不動産パンフレットのデメリット表示は?
滌除(てきじょ)とは?
鉄筋の露出とは?
デットとエクイティとは?
デメリット表示とは?
デューデリジェンスとは?
投資証券
投資信託委託業者
特定価格
特定投資家
土地調査員
投資口
道路幅員
土石流
SPC
土地価格比準表
消費者金融
借金整理の方法
住民票
クレジットカード

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved