×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



妨害排除請求権が認められるのは?

妨害排除請求権が認められるのは?

妨害排除請求権は、次のような場合にも認められます。

■所有権者から不真実な登記名義人に対する抹消等の登記請求をする場合
■抵当権者から目的地上の樹木の伐採禁止請求をする場合...など

民法上の占有権は?

民法では、占有権については、次の各訴を認めているのみです。

■占有保持
■占有保全
■占有回収

ただし、解釈上は、物権一般についての物権的請求権も認められています。

関連トピック
包括遺贈とは?

包括遺贈というのは、遺贈※のうち、遺産の全部またはその何分の1といった一定の割合で示してする遺贈のことをいいます。

※遺言による遺産の処分のことです。

包括受遺者の権利義務の承継は?

包括受遺者は、相続人と同一の権利義務を有します。

よって、遺言者の一身専属の権利義務を除いて、遺贈された財産に属した一切の権利義務を承継します。

包括遺贈の承認・放棄・遺産分割等は?

包括遺贈の承認・放棄・遺産分割等については、相続の規定がそのまま適用されます。

なお、遺言書に「財産の何分の1を遺贈する」のように書かれ、遺贈者が遺贈の意思表示をもっていたとみなされるような場合には、登記手続きでの登録免許税は、相続扱いではなく、贈与扱いになります。


変動金利型住宅ローンとは?
妨害排除請求権とは?
包括遺贈とは?
報酬の額の掲示とは?
法人税の課税所得額の計算は?
変動金利型住宅ローンの金利の見直し時期は?
妨害排除請求権が認められるのは?
報酬の額の制限とは?
法人税とは?
ポートフォリオとは?
法定講習
抹消登記の申請
マーケティング
マンションの建替えの円滑化
免震構造
保佐
保証書
マンション管理士
民間都市再生事業計画
宅建業法上の免許の有効期間
準消費貸借
書面の交付
販売信用
除権判決

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved