×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



報酬の額の制限とは?

報酬の額の制限とは?

宅建業者が、宅地や建物の売買、交換、または賃借の代理・媒介に関して受け取ることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによることとなっています。

報酬の額の制限というのは、宅建業者はこの額を超えて報酬を受けてはならないというものです。

これは、購入を希望する消費者が、適正な費用で媒介等を受けられるよう保護するためです。

具体的な金額は?

国土交通大臣は、この報酬の額の制限の規定を受けて、次のような告示を定めています。

■200万円以下 ⇒ 100分の5
■200万円超400万円以下 ⇒ 100分の4
■400万円超 ⇒ 100分の3

関連トピック
報酬の額の掲示とは?

ちなみに、国土交通大臣が定めた報酬の額は、事務所ごとに見やすいところに掲示しなければならないことになっています。

売買の媒介の場合の報酬は?

売買の媒介の場合で、取引額※が400万円を超えるときの限度額は、次のような簡易計算法によります。

⇒ 取引額×3%+6万円

※消費税相当額は含みません。


変動金利型住宅ローンとは?
妨害排除請求権とは?
包括遺贈とは?
報酬の額の掲示とは?
法人税の課税所得額の計算は?
変動金利型住宅ローンの金利の見直し時期は?
妨害排除請求権が認められるのは?
報酬の額の制限とは?
法人税とは?
ポートフォリオとは?
法定代理人と任意代理人
丸太組工法
マスター・リミテッド・パートナーシップ
マンション建替え円滑化法
申込証拠金
被保佐人の取消権・追認権・代理権
保証人の保証債務
マンション管理適正化推進センター
民間都市再生事業計画の認定基準
免許基準
照会情報・償還予定表
信託
消費者の権利
信用照会

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved