×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



重畳的債務引受とは?

重畳的債務引受とはどのようなものですか?

債務引受というのは、わかりやすく言うと、債権者に対して負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。

この債務引受には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」との2種類がありますが、「重畳的債務引受」というのは、債務を引き受ける側が、従来の債務者とともに連帯して同等の債務を負担するものです。

つまり、「重畳的債務引受」の場合であれば、引受者と従来の債務者は連帯債務者の関係になるので、債権者は従来の債務者、引受者のどちらにも債権を有していることになり、従来の債務者の債務は免除されないといことになります。

「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」とはどう違うのですか?

「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」との大きな違いは、債務が免除されるかどうかです。

「重畳的債務引受」の場合には、あくまでも引受者は連帯債務者なので、万が一引受者が破産や倒産した場合には旧債務者が債権者に対して債務を返済しなければなりません。

一方、「免責的債務引受」では債務は引受者に移ることになりますので旧債務者の債務は免除されることになります。

具体的には、住宅ローンを引受者が重畳的に引き受けた後に破産や倒産した場合には、担保となっている住宅は債権者である金融機関の手に渡るので、旧債務者には住宅もないことに加えてさらに連帯債務だけが残るということになります。

このように、重畳的債務引受というのは、旧債務者と引受者のどちらにも債務の返済を請求できるので、債権者側にとり有利な契約と言えます。

ちなみに、免責的債務引受の方は、債務を引き継ぐ引受者の信用状態が債権者にとっては大きなリスクになりますので、債権者の承認が必要となっています。


住民票の移転が間に合わない場合は?
独身者・既婚者のマンション選択方法は?
マンションの修繕積立金の注意点は?
マンション購入時の注意点は?
マンションの構造の特徴は?
重畳的債務引受とは?
マンションを選択するときのポイントは?
マンション購入の失敗例は?
マンションの管理形態とは?
中古マンションの滞納管理費の支払いは?
電話・保証人確認
個人再生手続・申立て・再生計画
自動契約機・契約
クーリングオフ・効力
金利0.1%で総返済額はどのくらい変わる
マイホーム購入後の支出
相続時精算課税制度と贈与税
金銭消費貸借契約
3,000万円の特別控除が受けられない場合
貯蓄だけでは資金不足
各金融機関の住宅融資
フラット35と大手銀行のローン
控除期間は10年、15年
民間、公的、協調融資

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved