×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



マンションを選択するときのポイントは?

マンションを選択するときのポイントとしてはどのようなものがありますか?

マンションを選択するときのポイントとしては、構造上、生活上、安心できるものであることはもちろん、次のようなことがあげられます。

■モデルルームでのチェック
■マンションの工期が妥当かどうか
■売主、建築主、設計事務所は信頼できる業者かどうか

このようなポイントのチェックについては、多少お金はかかるものの、専門のコンサルタントにモデルルームや設計図をみてもらうと、一見ではわからない欠陥などが発見できる可能性もありますので検討してみるのもよいかもしれません。

モデルルームでのチェックについて

モデルルームでは次のようなところをチェックします。

■照明の位置
■押入れの中板の奥に通気性を考慮した隙間があるか
■二重窓・二重天井になっているか
■玄関の窓の高さ

かなり細かいことですが、実際に生活する際には必ず問題になるところでもありますし、細部に目を配っているかどうかという点から業者を判断する上でも重要なポイントになります。

マンションの工期が妥当かどうかについて

マンション建設における標準的な工事期間というのは、一般的にはマンション階数に3〜4か月を加えた期間となっています。

ですから、この標準的な工期期間に照らしてあまりにも短い工期で建設が完了していた場合には、手抜き工事の可能性もありますので注意が必要です。

また、次のような工事経費削減に走っていないかどうかを使用素材について物件概要で確認するようにします。

■雨漏りやひび割れが起きにくい素材を一部にしか使用していない。
■低層マンションに軽量化素材を使用している。

売主、建築主、設計事務所は信頼できる業者かどうかについて

一般的にマンションの場合には、建設会社のゼネコン、デベロッパー、設計事務所が絡んでいます。

なので、大手だから信頼できると単純に考えずに、それぞれの業者の評判を不動産会社の知り合いなどから聞けると安心できそうです。

また、注意したいのが近年問題になっているコストダウンによる手抜き工事です。

特にゼネコンが売主になっている場合には、工事の監理や見積もりチェックなどのチェック体制が機能しなくなることがあるので注意が必要です。


住民票の移転が間に合わない場合は?
独身者・既婚者のマンション選択方法は?
マンションの修繕積立金の注意点は?
マンション購入時の注意点は?
マンションの構造の特徴は?
重畳的債務引受とは?
マンションを選択するときのポイントは?
マンション購入の失敗例は?
マンションの管理形態とは?
中古マンションの滞納管理費の支払いは?
消費者金融・未成年者・契約
民事再生法
電話・FAX・申込み
クーリングオフ制度
返済期間を35年から25年に
返済中の繰り上げ返済と条件変更
マイホーム購入時の税金
借換え
3,000万円の特別控除と買い換え特例
自己資金力アップのための共有
銀行で住宅ローンを組む
公庫融資との相違点
固定資産税はいつ払う
公的融資の特徴

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved