×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



独身者・既婚者のマンション選択方法は?

マンションを選ぶ際のポイントにはどのようなものがありますか?

マンションの選択に際しては、独身なのか既婚なのか、その家族構成によっても間取り、住環境、立地などが異なります。

例えば、子供が小さい家族であれば比較的長期間居住できる物件がよいでしょうし、将来結婚するつもりのある独身女性であれば、将来住めなくなったときに賃貸に転用できたり、売却が容易な物件がよいということになります。

具体的にはどのようなポイントで選んだらよいのでしょうか?

子供が小さい家族の場合には次のようなところをポイントに、子供の独立や親との同居などリフォームしやすい構造のマンションを選択するとよいと思われます。

■学校、図書館、病院、公園、スーパー、銀行、郵便局など生活に必要な施設が近くにある
■床面積が50u以上で2LDK以上
■中規模〜大規模なマンションや団地
■駅から徒歩または自転車で通える範囲の距離

また、将来的に結婚するつもりの独身女性の場合には次のようなところをポイントに、将来住めなくなったときに賃貸に転用したり売却が容易なマンションを選択するとよいと思われます。

■セキュリティがしっかりしていてプライバシーが保たれている
■住宅ローンを組む際に、家賃相場がローン支払額を上回っている
■近隣に比較的大きな企業や大学など、賃貸の需要が見込める
■近所にスーパーやコンビニなど夜遅くまで開いている店がある
■床面積が50uくらいまでで1LDK程度の小規模なマンション
■駅から5〜10分以内の近距離

子供がいない夫婦の場合はどうですか?

子供がいない夫婦の場合でも、子供を作る予定があるのであれば、子供部屋を意識した間取りのマンションを選ぶのが有効です。

この際、例えば、夫婦だけのときは客間にしておくなど子供が生まれたときに住み替えをしなくてよいようにしておくことがよいと思われます。


住民票の移転が間に合わない場合は?
独身者・既婚者のマンション選択方法は?
マンションの修繕積立金の注意点は?
マンション購入時の注意点は?
マンションの構造の特徴は?
重畳的債務引受とは?
マンションを選択するときのポイントは?
マンション購入の失敗例は?
マンションの管理形態とは?
中古マンションの滞納管理費の支払いは?
消費者金融・外国・契約
個人再生手続
消費者金融・郵便申込
クーリングオフ・条件
安心度の高いキャンペーン金利
一戸建て・マンションの購入後の支出リスト
マイホーム資金の贈与、非課税枠が3,500万円
借換えする方が得という判断基準
マイホームを買い換えたときの税金の特例
自己資金力アップのための資金援助
収入基準に届かない場合
モーゲージバンク
税務署から「お尋ね」
民間融資の特徴

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved