×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



不動産広告のチェックポイントは?

不動産広告を見るときのチェックポイントはどのようなところですか?

不動産広告の主なチェックポイントとしては次のようなものがあります。無駄足をなくすためにもしっかり確認したいところです。

■物件の特徴
■管理形態
■取引形態
■交通の便
■物件情報の新しさ
■周辺状況
■デッドスペース
■バルコニーの方角

チェックポイントの具体的な内容はどのようなものですか?

チェックポイントの具体的な内容としては次のようなものになります。

床面積
税制の優遇などは登記簿上の床面積で判断されますので、記載されている床面積が壁芯なのか内法なのかをチェックしておきます。

リフォーム
1年以内に行ったリフォームや修繕というのは記載されていますので、いつ何か実施されたのかを確認しておくと、今後のおおまかな計画が立てられます。

図面
広告の図面というのは必ずしも本物と同じ尺度であるとは限りませんので、見かけに騙されずに実際の帖数で判断するようにしてください。また、間取りを見て、生活動線、デッドスペースがないか、柱の位置などをチェックします。

物件概要
次のような点をチェックします。
・修繕費
・管理費
・駐車場の空き状況
・現況が居住しているのか空室なのか
・管理形態が常駐か日勤か

最寄り駅までの時間
時間は「1分80メートル」で計算されていますが、これには信号待ちや坂道などは考慮されていませんので、記載されている時間よりも多くかかるケースがほとんどです。また、利用可能路線数についてもチェックしておくとよいでしょう。

方位
図面があれば必ず方位が標してありますので、窓やベランダ、バルコニーがどの方向を向いているのかをチェックするようにします。このとき常に上が北を向いているとは限りませんので注意してください。

実際には物件を見てみないとわからないわけですが、全てを見ていては時間も手間も無駄になってしまいますのである程度のふるいをかけることも大切です。


中古マンションのチェックポイントは?
不動産広告のチェックポイントは?
中古物件の探し方は?
定期借地権付住宅の注意点は?
不動産契約のチェックポイントは?
不動産広告の大まかな見方は?
不動産広告の物件概要の見方は?
広告の格安物件とは?
農地にマイホームを建てるには?
親の土地に新築できる?
消費者信用の法律
破産法が改正(免責関係)
審査とアンケート
通信販売の規制
親子リレー返済の活用
インターネット・バンク
住宅ローン控除の利用者・借入金の条件
期間短縮型のメリット
格安物件と広告規制
ローンの借り換えは返済負担を軽くする
マイホーム取得時の不動産取得税
共有名義の持ち分比率
マイホームの購入計画と物件探し
中古住宅の広告

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved