×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



競売物件のメリットとリスクは?

競売物件のメリットにはどのようなものがありますか?

競売物件のメリットには次のようなものがあります。

仲介手数料などの経費が不要
通常中古物件の購入には、仲介業者に支払う手数料がかかりますが、競売物件の場合には不要です。

抵当権等の抹消が確実
抵当権の抹消については裁判所が職権で行ってくれます。

一般的に通常の市場価格より3〜4割ほど割安に設定
競売物件は借金の返済が不能になったために債権者からの申立てによって裁判所が強制的に売却するものということから、そこには権利関係が複雑であるなどマイナス面が潜んでいる可能性もあります。

割安に設定されているのは、こうしたことを考慮したものであるからということがいえます。

競売物件のリスクとしてはどのようなものがありますか?

競売物件のリスクとしては次のようなものがあります。

購入後の保証がない
競売物件の場合は、事前に建物内部の下見ができないので、購入後に思わぬ瑕疵があって修繕費がかかったり、占有者がいて立退き料がかかったりと、かえって費用が高くつくこともあります。

必ず落札できるとは限らない
競売物件は入札制なので、自分で入札額を決められるメリットもあるのですが、その反面、他の入札額によっては物件が手に入らないこともあります。

権利関係が複雑な可能性がある
購入後に思わぬ占有者がいて、それがまた貸しされていたりすると賃借権などの権利関係が複雑で、収拾をつけるのに時間や手間がかかる可能性があります。


市街化調整区域の土地購入は?
売買契約書の瑕疵担保責任とは?
重要事項説明書の備考欄は?
資金決済と物件の引渡しの流れは?
引越しの注意点は?
売買契約書の「契約の解除」とは?
重要事項説明書の登記簿謄本の確認は?
修繕積立金と管理費の確認は?
競売物件のメリットとリスクは?
中古物件の注意点は?
アイドマの法則
多重債務・整理屋
本人確認書類・身分証明書
相続
建ぺい率
建築線
行為能力
借換えの諸費用
災害危険区域
原状回復のガイドライン
権利証
公庫融資
更新料の請求権
コーポラティブ方式

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved