×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



ケガや病気で働けなくなったら?

ケガや病気で働けなくなった時に備えた住宅ローンというのはあるのですか?

ケガや病気で働けなくなった場合には団体信用生命保険は下りませんので、その間のローン返済は貯蓄等で補うことになります。

サラリーマンの場合ですと健康保険に加入しているはずですので、就業不能な場合には一定期間、給与の6割が傷病手当として支給されますが、自営業者の場合にはそのような制度がありません。

よって、自営業者の方などは、最近一部の金融機関で、一般住宅ローンに就業不能の間のローン返済を一定期間補償する特約をつけられる所得補償型の商品を取扱っていますので、こういった商品をケガや病気で働けなくなり収入が減少する際の備えとして検討してみてもよいかもしれません。

ちなみに、金融機関によっては、利用可能な人、填補期間、免責期間、補償金額、保険料負担に差がありますので、利用する際にはリスクと負担の兼ね合いに注意するようにしてください。

最近は、三大疾病で入院した際に一時金を支払うものや、ガンで入院した際に毎月のローン返済額が保険金として支払われるものまで様々ですので、既に加入している保険との兼ね合いも考慮しながら、どのリスクに備えるのかを検討するようにしたいものです。

なお、所得補償の保険給付の対象については、自宅療養でも就業不能であることが医師によって証明されればよいので、入院の有無については問われません。


ケガや病気で働けなくなったら?
保証料とは?
リフォームでローンを利用する方法は?
マイホームの買換え等の特例の手続きは?
買換えで損が出たときは?
証券化ローンの金融機関側のメリットは?
保証料の金額は?
戻り保証料とは?
担保割れ物件の買換えは?
マイホームの売却で損が出たときの特例は?
金利優遇キャンペーン・注意点
団体信用生命保険の活用法・注意点
公庫・廃止
離婚・住宅ローンが残っている場合
マイホーム購入時・諸費用
新規・JA住宅ローン
公庫・団信・加入条件
フラット35(保証型)・頭金・収入基準
変動金利型・未払い利息・リスク
フラット35・親子リレー返済
貸金業者・誇大広告
延滞
初回平均貸付額
契約書受入後・立替払対象金額・訂正

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved