×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



マイホームの買換え等の特例の手続きは?

マイホームの買換え等の特例を受けるときにはどのような手続きが必要ですか?

マイホームの買換え等の特例を受けるためには、マイホームを売却して損失が出た年の翌年の3月15日までに確定申告しなければなりません。

その際には、売却したマイホームの所有期間や損失が出たことがわかる書類を添付する必要があります。

売却した年の確定申告で必要な書類はどのようなものですか?

売却した年の確定申告で損益通算を受けるために必要になる書類は次のようなものです。

■住民票や附表など売却資産が居住用であったことを示すもの
■登記事項証明書や売買契約書など売却資産の所有期間や敷地要件(500u)がわかるもの
■マイホームの売却損がわかる明細書

また、以下の書類については、マイホームを売却した年の年末までに買換資産を取得した場合には、その年の確定申告の提出日までに、翌年に取得した場合には翌年の確定申告の提出期限までに提出しなければなりません。

■買換資産についての住宅ローンの残高証明書
■買換資産の住民票
■買換資産について、取得したこと、取得した日付、床面積要件(居住部分が50u以上)を満たしていることがわかるもの

翌年以降の確定申告で必要な書類はどのようなものですか?

翌年以降の確定申告で繰越控除に必要な書類は次のようなものです。

■通算後の損失金額がわかる書類
■繰越控除を受ける年の年末時点における買換資産の住宅ローンの残高証明書


ケガや病気で働けなくなったら?
保証料とは?
リフォームでローンを利用する方法は?
マイホームの買換え等の特例の手続きは?
買換えで損が出たときは?
証券化ローンの金融機関側のメリットは?
保証料の金額は?
戻り保証料とは?
担保割れ物件の買換えは?
マイホームの売却で損が出たときの特例は?
パワースマート住宅ローン
連帯債務者・責任
いくらまで・借りられるか
失業保険付・住宅ローン
仲介手数料・支払い
働く女性向け・融資
中古住宅購入・ポイント
証券化ローン・顧客の利点
金融機関・審査
住宅ローン選択・ポイント
貸金業者・代理店
特定調停・手続
出資法
クレジット利用・特定継続的役務提供契約・中途解約・加盟店の対応

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved