×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



担保割れ物件の買換えは?

担保割れ物件の買換えというのはできるのですか?

通常、マイホームを買換えする場合には、現在の自宅のローンを完済して新たに住宅ローンを組むことになりますので、担保割れ物件の場合には次のような方法をとることになります。

■買換えローンを利用する
■担保に入れられる別の物件を提供する
■足りない分の自己資金を用意する

担保割れ物件の買換えの場合は、マイホームの売却代金の受取りと旧ローンの完済、新ローンの融資の実行、購入代金の支払い、抵当権の抹消と設定などがスムーズに行われる必要がありますので事前の準備が重要になります。

買換えローンを利用するとは?

住宅ローンが残っている物件の買換えでは、物件の担保評価が一番ネックになるわけですが、買換えの際には一度現在のローンを完済しなければならないので、物件の売却資金がローンの残高に満たない場合には、何らかの方法で不足分を準備する必要があります。

このような際に金融機関では買換えローンというものを取扱っていますが、借換えローンを利用すると、購入物件の担保評価の最高300%程度まで借入れることができます。

ただし、金融機関によっては買換え物件については提携不動産会社が取扱っている物件のみであったり、上限金額や収入基準が異なっていたりしますので、実行する際にはしっかり事前調査をする必要があります。

ちなみに、買換えローンを利用するには、一定期間延滞がないことなども条件になっていますので、普段から計画的に返済していることが大切になります。


ケガや病気で働けなくなったら?
保証料とは?
リフォームでローンを利用する方法は?
マイホームの買換え等の特例の手続きは?
買換えで損が出たときは?
証券化ローンの金融機関側のメリットは?
保証料の金額は?
戻り保証料とは?
担保割れ物件の買換えは?
マイホームの売却で損が出たときの特例は?
信用金庫・住宅ローン
フラット35・連帯債務者
変動金利型・固定金利型
返済・遅れている場合
手持ち・お金・どのくらい必要
あおぞら銀行・「レディ住まいle・(エルイー)」
不動産・価値
フラット35・特徴
審査・通りにくい人
銀行・住宅ローン・特徴
貸金業者・登録拒否要件
個人債務者再生手続
返済額・返済日
加盟店情報センター

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved