×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの資金計画ナビ



証券化ローンの金融機関側のメリットは?

証券化ローンの金融機関側のメリットにはどのようなものがありますか?

民間金融機関と住宅金融支援機構が協力してできた証券化ローンとして「フラット35」がありますが、金融機関がこの制度へ参加することによるメリットとしては、次のようなものがあげられます。

■サービシングフィー収入が確保できる。

■低利で長期固定のローンを取扱うことができる。

■独自で証券化する場合よりも信用・流動リスクの軽減ができる。

■事業参加のためのシステムについて機構側のシステムを利用することで、独自の負担が軽減できる。

フラット35のリスク分散とは?

長期固定で低利の住宅ローンを提供する際に最も問題になるのが金利上昇リスクになります。

各金融機関が独自で長期固定で低利の商品を組成するにはある程度の体力が必要になりますし、また、証券化された債権が持つ信用リスクや流動リスクといった問題も残ります。

フラット35では、このような様々なリスクを民間金融機関から切り離して分散させることによって、長期固定金利の住宅ローン市場を安定化させることができます。

ちなみに、フラット35では、住宅ローン金利の一部として金融機関の裁量でフィーを決めることができるので、金融機関ごとにフラット35の金利は異なることになります。


ケガや病気で働けなくなったら?
保証料とは?
リフォームでローンを利用する方法は?
マイホームの買換え等の特例の手続きは?
買換えで損が出たときは?
証券化ローンの金融機関側のメリットは?
保証料の金額は?
戻り保証料とは?
担保割れ物件の買換えは?
マイホームの売却で損が出たときの特例は?
金融機関・金利優遇キャンペーン
共有持分・メリット
住宅金融支援機構
ローン返済・苦しくなった場合
諸費用・物件・何%
借換え用・JA住宅ローン
返済期間・短い・有利
買取型・保証型・有利
返済期間・長短
共有名義・条件
貸付・管理・取立て・不正・不当な手段・禁止
全情連・延滞
消費者金融・利用者
契約書受入前・立替払対象金額・訂正

Copyright (C) 2011 住宅ローンの資金計画ナビ All Rights Reserved